リアーナとクリス・ブラウン、ツイッターで「復縁」…2年前にDV事件で破局

1: 秘丘、愛液塗れ★ 05/18 05:29:16
 DV事件をきっかけに破局していたR&Bスター、リアーナ(Rihanna)と
クリス・ブラウン(Chris Brown)が、Twitter上で復縁を果たした。

 日本でも震災/原発事故以降、情報交換ツールとして改めて存在感を増した
Twitterだが、このサービスでは自分が情報を受け取る相手を選んで「フォロー」
することができる。2年前の暴力事件をきっかけにクリス・ブラウンと別れたリアーナが、
まず今月13日にクリスをフォロー。その後クリスもリアーナをフォローし返した。
別れの原因がDV事件であったことからか、この‘復縁’はファンの間で大きな反響を
呼んでおり、早速リアーナのファンからは「復縁」しないように勧めるコメントも挙がっている。
しかしリアーナはこの意見に「これはただのTwitter、私の分身ってわけじゃないから、
落ち着いて」と返答。現在は“Loud”ツアーのためにウクライナ滞在中で、
そのライブの模様などもツイートしている。

 一方のクリス・ブラウンは特にコメントも出さずにいるが、14日にはリーク音源
“Fools Wit You”を紹介、年内にリリースしたいと以前に語っていた次のアルバム
“Fortune”からの曲であるとつぶやいている。

 なおリアーナは、憧れのマドンナ(Madonna)から健康飲料Vita Coco Natural Waterの
広告塔に抜擢された。これはマドンナが投資し、彼女の若さと美の秘訣ともされている
飲料水で、今夏から始まるキャンペーンにリアーナが起用される。マドンナは、
「リアーナはこのVita Cocoブランドに自然にフィットする存在だから彼女を
チームに迎えられてとても嬉しいわ」とコメントしている。
ttp://bmr.jp/news/detail/0000010896.html

タグ

「のろってやる」・・・復縁断られたストーカー容疑の歯科助手♀(41)を逮捕

1: 鳶職(アラバマ州) 08/18 00:00:00
那珂川署は18日、ストーカー規制法違反の疑いで那珂川町、歯科助手五月女美雪容疑者(41)を逮捕した。

 逮捕容疑は、かつて交際していた県北部の男性(40)に復縁を断られ、複数回にわたって「のろってやる」などと言って、
ストーカー行為をした疑い。同署によると、容疑を認めているという。

ttp://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20100818/368665
2: パン製造技能士(北海道) 08/18 21:57:17
祝ってやる
3: 歯科医師(宮城県) 08/18 21:57:20
あいつか

タグ

復縁アドバイザーがこっそり教える「恋人と簡単に仲直りする方法」

1: 営業職(東京都) 08/17 00:00:00
復縁アドバイザーに聞く、恋人と簡単に仲直りする方法とは?[スピ野郎・マサムネ君 第22回]菅原県

前回、登場いただいた復縁アドバイザーの浅海さんに、今回は恋人との仲を長続きするためのコツを伺ってみました。

マサムネ「前回お話を聞いて復縁したい人が増加中と知りましたが、そもそも恋人と別れなければいいわけですよね。
たとえば恋人とささいなケンカをしてしまった時や、疎遠になってしまった時などにすぐに仲良くなる方法などないんでしょうか」

浅海「ケンカしてしまった時はまずは素直に謝ることが大切です。意地やプライドを振りかざしても相手の嫌悪感が募るだけなので
サクッと謝り、仕切り直しした方が良いと思います。疎遠になっている時は『どうして連絡をくれないの!?』と相手を責めず、
『連絡が無いから心配しているよ』と相手を気遣いましょう。心配されたり謝られたりして不快になる人はいないと思いますので」

マサムネ「それでもうまくいかずに別れるはめになってしまった場合は、浅海さんに相談すればいいのですね」

浅海「そうですね、是非(笑)。ちなみに復縁したいと思った時に絶対にタブーなのは、相手に『まだ好きなの』というメッセージを伝えてしまうことです。
相手にその気がなければお互いの気持ちが反発しあうだけで前には進みませんので、くれぐれもご注意を」
恋人との仲を長続きさせたい、復縁をしたいという方は今回の浅海さんのお話を是非ご参考に。

ちなみに僕には、よりを戻すどころかそもそも相手がいないんですけども......。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/4950525/
2: 演歌歌手(catv?) 08/17 16:14:47
おまんこ
4: 演歌歌手(catv?) 08/17 16:16:23
>>2
クソワトタ

タグ

このページの先頭へ